PAGE TOP

八月の水 四号



「旅人と詩人の雑誌」四号

ブックロアより「朝のはじまり」「言の森」「耳の人」と三冊の詩集を出版する詩人、西尾勝彦。彼が編集人となり作る「旅人と詩人の雑誌 八月の水」の第四号です。この雑誌が創刊されたきっかけは、東北大震災と、その後を見つめたことから。これから、どんな時代になるのだろうと考え、こんな時代になって欲しいと願いをこめて生まれました。
4 冊目となる本書では、はじめての試みとして、旅人の紀行文と詩人の詩の他に、小特集「しずかな生活」も収録されております。


【作家紹介】
石橋 歩(詩人) / 梅田唯史(バイエル) / 大西 正人(絵本とコーヒーのパビリオン) / 玉井 恵美子(ソーイングテーブルコーヒー) / 智林 椰子生(智林堂書店) / 中島 恵雄(ブックロア) / 新山謙太郎 / 西尾 勝彦(詩人) / ほんま わか(絵本作家) / 村椿菜文(詩人) / 山下 賢二(ホホホ座)





八月の水 四号

旅人と詩人の雑誌

BOOKLORE刊

116ページ B6判
本体価格 800円+税
 
編集人/西尾勝彦
図案人/梅田唯史

129×178弌104g

この商品について問い合わせる

  • 定価:880円(税込)
  • 880円(税込)