PAGE TOP

僕は、太陽をのむ


◎若い世代に人気の美術同人誌『四月と十月』を主宰し、本シリーズ「四月と十月文庫」の生みの親である画家・牧野伊三夫のはじめての画文集。
◎画家・牧野伊三夫は第2回アトリエヌーボーコンペ日比野賞受賞。画業に傾注する傍ら、北九州市の情報誌『雲のうえ』、飛騨高山の魅力を伝えるフリーペーパー『飛騨』の編集にたずさわるなど幅広く精力的に活躍中である。
◎エッセイは絵画や芸術、画家の旅、日々の暮らしなどを軽妙に温もりのある筆致で描く。素朴で力づよく生命感溢れる絵画、素描作品も豊富に収録。
◎酒と銭湯をこの上なく愛し、少年絵描きの心をもち続ける画家・牧野伊三夫の詩のある画文集。
◎アートディレクター・葛西薫氏が、画家・牧野伊三夫の姿を滋味に語る跋文「あの頃のわれらは」を本書に寄せる。
◎大好評のシリーズ「四月と十月文庫」第6弾!!

■目次
spacer
私の絵のために
ある春の記録。ヴェランダの「牧野めじろ園」の開園から閉園の頃。二〇一一年
古家と長屋アトリエ
美術館での模写
ウエハース
「黒ダイヤと労働歌」について
アオスジアゲハ
たまねぎ絵の具
ある日
ある日のメモ書き
ゆらゆら酒
冬の日
名刺
蓑虫の家
見物人
この方面は、あるかもね。
音楽を描く
銀座での個展
便器との対話
おお、小倉の街よ
足立山
喫茶セザンヌ
ビールジョッキに木片を浮かべて凍らせる
君たちが絵を描いているときも、地球の裏側では、羊がのんびりと草を食んでいるんだよ。
spacer
跋文「あの頃のわれらは」葛西 薫
spacer


署名 僕は、太陽をのむ
   四月と十月文庫6
著者 牧野伊三夫
造本 四六判変型/並製本/カバー装/本文152頁
定価 1,200円(本体価格・税別)
   ISBN978-4-89629-307-4 C0395


この商品について問い合わせる

  • 定価:1,320円(税込)
  • 1,320円(税込)